Category Archive : 時間意識について

ビジネスマンが知っておきたい課題解決力

何か問題と出会ったとき、問題解決のメソッドを知っている人と知らない人では大きな差がでてきます。

特に部下をマネジメントするような立場を目指したい方は、若いころから問題をどう処理するかについて経験を積んだほうがよいでしょう。

問題解決能力のない人材が、会社で昇進していくことはまず難しいからです。

問題が発生した時時何から着手する?

前の記事でもご紹介しましたが、問題というのは現実と理想との間に生じるギャップです。

この理想と現実のギャップを埋めることが問題解決となります。

問題解決にはメソッドがあり、そのメソッドを理解している事でどこから着手すればよいのか目途がつきます。

問題解決のためのメソッド

問題を簡潔な言語でまとめる

問題を言語化する際に、完結な言葉でまとめることから着手しましょう。例えば「人が足りない事が問題」「売り上げが達成できない問題」などの問題の本質を簡潔に言語化しましょう。

問題を分解・分析する

問題を次に分解・分析していきます。
方法は「理想と現実」「事実と解釈」の観点で分析します。

ステップ1.理想と現実に落とし込んで分析する

理想とは:望む状態や目標

現実とは:現在のあるがままの状態

問題「売り上げが達成しない問題」

理想→前年同月130%の売り上げにする。

現実→前年同月86%の未達。

ステップ2,事実と解釈の観点で分析する

事実とは:誰が見ても共通の認識として理解できる確かな内容
解釈とは:各自が感じた仮設、思ったこと

例問題「売り上げが達成しない問題」
事実:昨年は広告費をかけていたが今年はかけていない。   客単価が下がっている。解釈:ユーザーの興味のある商品を陳列していないせいでは?  広告費を削ったせいでは?

このように、問題に対して整理をしていきます。

整理をすることで、次のアクションが浮き彫りになります。

原因について洗い出す

続いて原因について洗い出します。この例の場合このような原因が考えられます。

  • 広告費をかけていない
  • 人気商品の在庫が少ない
  • 同業他社が自社より人気商品を安く売っている

などの原因がわかりました。

課題を洗い出す

つづいて、問題を解決するために、理想と現実を近づけるための「課題」を洗い出しましょう。

ここでは前年よりも130%売り上げを達成するという理想に対しての課題です。

  • 広告費を前年度よりもかけなくてはいけない
  • 人気商品の在庫を仕入れる必要がある
  • 他社よりも安い価格帯で値段調整をしなくてはいけない

課題の優先度を洗い出す

続いて課題に対して何から着手すべきか、優先度を洗い出します。

優先度は

「効果、コスト」の2軸で考えます。

  • 広告費を前年度よりもかけなくてはいけない (効果&コスト)
  • 人気商品の在庫を仕入れる必要がある(コスト)
  • 他者よりも安い価格帯で値段調整をしなくてはいけない(効果)

この場合最も最初に着手しやすいのが、今ある在庫を他社よりも安く販売するための価格調整です。

其の後、在庫を仕入れて、広告を打つ、という問題解決方針が決定しました。
このようなプロセスを踏むと問題解決のための案がスムーズに出てきます。
何か問題が生じた時、どのように解決していくのか分からないという方はぜひとも試してください。

ビジネスマンが知っておきたい課題発見力

ビジネスマンとして、もっておきたい能力の1つには「課題発見力」というものがあります。

これは情報を活用する以前の、今現在ある課題をいかにして見つけていくかという能力です。

実は仕事というものは、常にこの課題をみつけ、改善、解決していくことを求められています。特に昇進して管理職になればなるほど、ビジネスの上での課題発見、現状分析、改善の3つの能力が必要になります。

この能力なくしては、ただ漠然と情報を収集だけにとどまってしまいます。

ビジネスパーソンとして、できる人材になるのであれば、課題解決についての発見、見つけたも知っておいて損はありません。

ビジネスで課題をどう見つけていくか

課題の見つけ方とは、まず課題とはなんであるかを理解しましょう。

簡単に説明すると、課題は「あるべき姿」と「現実」のギャップのことをいいます。このギャップを埋めていくことが課題を解決することにつながります。

まずはあるべき姿と、現実のギャップを見つけることに意識を向けていきましょう。このギャップをみつけることで「課題発見力」を鍛える事ができます。

課題の見つけ方の例

例えば、営業の仕事をしているAさんの課題の見つけ方を紹介します。Aさんは営業課長で、業績目標について悩んでいました。

課題を見つけ出して、解決策を提案するように部長から命令されてしまったとき、Aさんはどうすればよいのでしょうか?

まずは、会社としてAさんの部署に望まれていることと、現状の2つの観点から分析を行います。

会社が望んでいること

  1. 下半期の売上を前年度より135%向上させる
  2. 人件費を10%削減させる
  3. 新規のサービスを展開させる

現状の分析

  1. 人件費は削れていない
  2. 売上は85%しか達成していない
  3. 新サービスは、具体的な開発要件に達していない

課題とは、この現状と、望むことのギャップです。ギャップを見つけると自ずと課題も浮き彫りになります。

ただし、ギャップの影に本質的な課題が隠れている場合もあります。

例えば「新サービスは具体的な開発要件に達していない」という課題に対して、仮説として「プロジェクトをまとめる人材がいないから」なのか「開発する費用がないから」では課題が変わってきます。

単純にギャップをのままが「課題」であるわけではないので注意しましょう。
この場合、分析した結果Aさんの課題は以下となりました。

  1. 人件費を削れていない  
  2. 売上が伸び悩んでいる
  3. 新サービスのプロジェクトを取りまとめる人間がいない

このように3つの課題が浮かび上がることで、続いて課題に向けてどのような解決方法があるかの議論にステージを移すことができるようになるのです。

つまり課題発見力を高めるためには、現状分析の能力も必要となります。

課題発見の後に仮説を立てる

課題を見つけたら、解決のために仮説を立てましょう。

人件費を削れていない仮説

業務の効率化ができていないため、残業が多いのではないか?

売上が伸び悩んでいる仮説

  1. チームのモチベーションが低下しているのではないか?
  2. 製品説明のための営業知識が不足しているのではないか?

新サービスのプロジェクトを取りまとめる人間がいない仮説

  1. プロジェクトをまとめる能力のある人材をオファーできていないのではないか?
  2. 現在の担当者には荷が重かったのではないか?

このようにみつけた課題に対して、仮説を立てて検証をしていくというプロセスを通すことで、望んでいることとのギャップにたいして、具体的にどのように次のアクションを取ればよいのかがわかります。
問題発見力、問題解決力はこの流れに当てはめて物事を考えることで、大きく向上していきます。

ビジネスで上の立場の人材になるためには、問題解決のための能力もアップさせていきましょう!

ビジネスマンの情報収集と時間意識

世の中のことを知ろうとしたとき、スマートホンを使用したニュースサイトチェックはとても楽に感じられます。

ですが、貴方はどのような時間を使って情報収集をしていますか?

自分自身の時間の使い方に意識を向けたことはありますか。

情報収集はスキマ時間を活用するのがおすすめです。その理由はビジネスパーソンにとって最も重要なのが「時間」だからです。

時間はどんなに稼いでも二度と取り戻せない

例えば株で損失を1000万出してしまった場合。安心してください。お金はどんなに損失を出しても必ず戻ってくるチャンスはあります。

ですが、時間というものは一度浪費してしまうと二度と取り戻すことのできない貴重なものです。

ビジネスパーソンとして、意欲的に活動している方や起業家などはこのことを身にしみて理解しています。一番大切なのは時間なのだと。

だからこそ、世の中で大切なのはお金ではなく、いかに有効に時間を使うかということになります。

情報収集を常日頃からして、ビジネスに役立つ知識を身につけたいとお考えの皆さんは、まずは自分自身の時間の使い方について意識してみましょう。

時間を有効に情報収集するなら「時間制限」を儲けること

だらだらと家でベッドに寝そべりながらネットニュースを見る。

一見、情報収集に余念がないように見えますがこのような時間の使い方は実はNG。

その時間を使って、勉強会に参加したり、ジムで一汗を流してリフレッシュするような「生きた」時間の使い方のほうがはるかにおすすめです。

情報収集や知見を深めるためにスマートホンばかり見ていても意味はないのです。

できるビジネスマン、ビジネスウーマンはこの情報収集の時間もきっちりルールをきめています。

  • スマホでのサーチは朝の通勤時間と決めている
  • ネットニュース閲覧は1日1時間だけと決めている

このように自分自身をセルフコントロールできる人こそ、成功していく人間なのです。
時間を決めることで、だらだらと無為な時間を浪費することができなくなります。

限られた時間で意欲的に有効な情報を収集しようと集中することもできるため、一石二鳥なのです。

最初から決められた時間内でマイルールを定めることで、貴方はメリハリのついた日常を送る事ができるようになります。

もし今現在貴方が、スマートホンを見る時間を制限していないのであれば、もう少し時間の使い方の意識を持つようにしてみてください。