ビジネスマンの情報収集・情報の取捨選択方法

ビジネスマンの情報収集・情報の取捨選択方法

情報過多のこの時代、自分にとって必要な情報とそうではない情報の取捨選択は非常に重要。

ビジネスパーソンとして、その情報が必要なものか、正しいものかを見抜いていく力が必要です。

昨今ではフェイクニュースといって、あたかも真実であるかのようにゆがめられたフェイク情報に踊らされてしまう人が多いです。

ニュースやテレビで言っている事、新聞に書かれている事も真実とは限りません。ましてやネットに書かれている事も疑ってみる視点が必要です。

大人としてフェイクニュースに踊らされないためにも、情報を取捨選択する能力がビジネスパーソンには必要な時代になっています。

情報の取捨選択の5か条

まずは情報の本質を見抜くために、5つの視点を持ってその情報を精査する癖を身に着けてください。

  1. 要点は何かを理解する
  2. 妥当性があるかを理解する
  3. 信頼性があるのかを探る
  4. 実用的な価値について考える
  5. 自分の目的と合致しているか考える

この5つの視点がポイントです。

要点は何かを理解する

その情報の要点を見極める事が一番大切。長々とした情報が何を言いたいのか、要点をまとめる癖をつけましょう

例として
ビジネスパーソンとして必要なのは、読解力とコミュニケーション能力である。それが出来ない場合~
のような長い記事がある場合、要点は「読解力」「コミュニケーション」の2点が要点であると理解します。

そのポイントのみに集中し、そのほかの修飾文字などは切り捨てる事で不要な情報を脳にためずにすみます。要点を把握する事で理解力も高まります。

妥当性があるかを理解する

妥当性というのは、「ありえること」とも言い換えられます。

つまりありえないような情報ではないか、妥当性があるか判断します。

妥当性の調べ方は簡単です。その情報の根源でもある「ソース」を確認すること。

誰かが言っていた、偉い人が言っていた、ニュースが言っていた、というように思考停止せずに、ソースを確認しましょう。

信頼性があるのかを探る

続いてそのソースをうたがいましょう。

例えば、情報の妥当性を証明するソースが、「虚構新聞」や「フェイクニュース」の場合もあります。

公的な機関の情報であれば信頼性は高いですが、個人の発言や、誰がかいたか分からないようなSNSの場合は信頼性に疑いを持ちましょう。

実用的な価値について考える

その情報に実用的な価値があるかどうか、自分にとって役にたつかの観点も大切です。

自分にとってその情報からどのようなものが得られるのか、という観点で常に考える事で、仕事に役立つアイディアにつながる場合もあります。

自分の目的と合致しているか考える

ただぼんやりとSNSやニュースを見ていても意味はありません。

自分が知りたいこと、必要とすること、目的を持って情報を収取することが大切です。

情報の取捨選択をするのであれば、自分の目的と合致していない情報は切り捨てていくという判断をしていきましょう。

情報の多いこの時代は、簡単に、様々な情報が手に入れられます。

一方でフェイクニュースや、事実をゆがめた報道なども跋扈しており、自分自身でその情報が正しいかを見抜いていく力が必要です。

出来るビジネスパーソンとして活躍したい皆さんは、正しい情報の取捨選択を行い、フェイクに踊らされないようにしていってください。