ビジネスマンの情報収集・効率の良い情報収集法とは

ビジネスマンの情報収集・効率の良い情報収集法とは

情報収集能力を向上するためには「すばやさ」や「要点を把握」する能力も大切です。

情報の多くは鮮度が大切。一週間前の話題になった情報は、ビジネスには生かせません。

また、タピオカが昨今ブームですが、今からタピオカで稼ごう!と思っても遅すぎます。

ビジネスチャンスをつかむためには、まだブームの兆しのタイミングで情報を掴んで行動しなくては「お金」にはならないのです。

鮮度のある情報をつかむためには、常に情報のアンテナを張り巡らさなくてはいけません。

すばやく、深く情報を集める事、また情報の正確さが大切です。

得たい情報に合わせたツールを活用する

情報収集の手段として使用できるツールは以下のものがあります。

Google検索

ニュースサイトのほか、必要な情報にマッチするキーワードで情報を素早くキャッチできる。ただし検索でヒットする情報は玉石混合のため情報の精査や取捨選択が必要に。

SNS

生の声や、速報性のある情報を得られる。深い知識を持った専門家をフォローすれば、Googleでは見つけられない情報と出会う可能性も。

ただし信用性、信頼性の見極めが大切。

書籍

より専門性の高い情報を得る事が可能。Google、SNSでは得られない情報の深堀に使用する。

図書館などを活用すれば、多くの情報を収集できる。ネックなのが情報の鮮度。その内容が後期には覆されている場合などもあるため、最新の情報と合わせて確認するのがベター。

セミナー・勉強会

ある程度の興味に絞った分野のコミュニティに属するのであれば、リアルな勉強会などが最も効率が良い。情報の速さ、鮮度はないものの、深く知識を得るためには有効な手段。
これらの情報源には、カラーともいえる特徴があります。その特徴を理解したうえで自分が必要とする情報を探す際にマッチしたものをチョイスできるようになるのが大切です。