ビジネスマンの情報収集・センスの良い人のセンスって?

ビジネスマンの情報収集・センスの良い人のセンスって?

あの人はセンスがいい。この人はセンスが悪い。

そのように人が言っているのを聞いたり、自分自身のセンスを磨きたいと考えている方もいらっしゃると思います。

この「センスの良い」「センスが悪い」というのは、持って生まれた才能ではありません。

実は「情報」を持ってるか、持っていないかの違いでしかないのです。

センスの良い人は、沢山の情報の中から取捨選択をしているだけ

贈り物を1つ選ぶにしても、センスの良い人と悪い人がいます。

出来るビジネスパーソンであれば、贈り物や、飲み会の店の選び方まで「あの人センスがいいね」と言われて好評。

一方でセンスの悪いビジネスマンは今一つ「できない人」の烙印を押されてしまいがちです。

ビジネスパーソンとしてのし上がるためには、自分のセンス磨きも大切です。

それではこのセンス、どうやって磨けばいいのでしょうか?

それは実はとても簡単なことです。沢山の情報にアンテナを張り、その情報の中からチョイスするだけなのです。

センスが良い男、センスが良い女になるためには、このような情報のポイントを絞って収集しましょう。

流行の情報をあつめる

流行になっているものをいち早く取り入れるということは、センスの良い人間にとってはとても重要なこと。

いま流行になっているものが度の様なものなのか、ニュースや雑誌、SNSなどで取得していきましょう。

話題になっている情報にアンテナを張る

流行になっているものに近しいですが、今話題になっているフレッシュなものは何なのかをリサーチしましょう。

飲み会の店をチョイスするときに、今流行になっている話題の店などを選ぶと、異性に喜ばれやすく「センスがよい」と思われます。

相手が必要としているものをリサーチする

そして最後に、一番重要なのがこれ。

会社の飲み会の店選びで重要なのが「ワイワイ楽しめること」「好き嫌いがある人でも食べられるものがあること」「盛り上がっても気にならない場所」などの情報。

また、好みの女性にプレゼントをするのであれば、「相手が興味をもっているもの」「相手の好み」「相手が気になっているもの」などの情報収集が大切です。
センスが良い人というのは、これらの沢山の情報の中から最適なものをチョイスしているだけにすぎません。

一方でセンスが悪いといわれている人は、全く情報収集をしておらず、自分の知っている価値観の中でしか物事を選択できていないのが原因です。
あいつはセンスがいい、と人から言われるビジネスパーソンになるためには、一見仕事には関係のないような情報でも意欲的に収集して、ぜひ皆さん「センスの良い人」になっていきましょう。