ビジネスマンの情報収集とフェイクニュース

ビジネスマンの情報収集とフェイクニュース

ビジネスマンとして知っておきたい情報力の一つに、フェイクニュースを見抜いていくことがあります。

そもそもフェイクニュースは何のために存在しているのでしょうか?

フェイクニュースの目的とは?

フェイクニュースを作る人にはこのような意図があります。

バズらせて広告収入を目的としている

フェイクニュースの多くはショッキングな内容や、話題性がある内容になっています。

そのため多くの人の興味を引き、ニュースサイトの閲覧が伸びます。

それによって広告収入が多く入るため、フェイクニュースで騙してホームページの来訪者を増やしています。

広告収入というメリットがあるため、フェイクニュースは作られます。

政治的な意図で、印象操作として利用

アメリカなどではフェイクニュースは政治的な用途で用いられることが多いようです。

例えば意図的に印象操作をし、大統領選で有利になるように相手の敵陣営のフェイクニュースを流したりです。

トランプ大統領などは自分の不都合な発言などを「フェイクニュースである」と発言することもあり、フェイクニュースは政治的な意図で拡散される場合があります。

反応が欲しい・いたずら目的

SNSなどで爆発的に拡散されることを喜びとする承認欲求を満たすためにフェイクニュースを作る人もいます。

反応してもらうことで精神的に満足感を得ているのです。

フェイクニュースはすべて意図的に拡散を目的として生まれてきます。

日々SNSや新聞を読んでいても、その記事がフェイクである可能性があることを忘れてはいけません。

フェイクニュースに騙されない大人になろう

フェイクニュースに騙されない大人になるために必要なポイントは以下のとおり。

  1. 自分だけは大丈夫だと思う
  2. 絶対に騙されるはずがないという思い込みを捨てる

フェイクニュースの多くはもっともらしく、ありえるような情報です。そのため、最初から自分は絶対に騙されないと思っている人ほどあっさりと騙される傾向に。

今の時代どのように精密な映像や画像も、加工をして事実と歪めることは可能です。

  1. 情報源が信用できるか確認する
  2. 根拠が示されているか確認する
  3. 複数のメディアで確認する

この3つのポイントを意識しておくことで、フェイクニュースに踊らされない大人になることが可能になります。