ビジネスマンの情報収集・リアルのコミュニティに所属する

ビジネスマンの情報収集・リアルのコミュニティに所属する

営業や広告など企業業界や業種にかかわらず、ビジネスマンとして大成したり、企業をして成功をする人の多くは情報ツウです。

一見して仕事と関係のないような知識でも、営業先での顧客とのコミュニケーションに役立ったり、起業をする際のアイディアになったり。

情報というのはたくさん収集すればするほど、自分の中で知識として蓄積されていきます。

出来るビジネスマンを目指したい新卒者の方や、将来企業をしたいと考えているビジネスマンの方は様々な情報収集ツールを活用することをおすすめします。

SNSだけじゃない、リアルな情報収集の場とは?

情報収集として真っ先に思いつくのがSNS。

ツイッターなどで気になる情報を発信している企業や個人をフォローすることで、様々な情報を集める事ができます。

とても簡単に情報が与えられてそれで満足してしまうかもしれません。

ですが、ビジネスマンとして一歩さらに前進するためには、SNSに限らないリアルな情報収集の場に自ら赴く事をおすすめします。

リアルな情報とはどのようなものか、ご紹介します。

ビジネスパーソンの情報収集のコツ

広く浅くではなく、ピンポイントで興味のある分野の収集をするのがベター。

方法としては、自分と同じ分野に関する事に興味をもつ人たちのコミュニティに属する方法です。

具体的に調べたい情報に焦点を当てて収集することを常に意識してみましょう。

SNSやニュースなどは「広く浅く」情報を収集するためのツールです。つまり、ピンポイントで情報を収集するのであれば、リアルなコミュニティによる情報収集が一番なのです。

リアルなコミュニティにはどのように属せばいい?

それでは早速気になるビジネス分野の情報を収集したいけど、リアルなコミュニティとはどう所属すればいいの?

という疑問にぶち当たると思います。

実はリアルなコミュニティに属する方法はとても簡単なんです。

セミナーへ参加する

良質な情報が無料で手に入る事はほとんどないのが現実です。

そのためビジネスの役に立つ情報を得たいのえあれば、ある程度の身銭を切ってでもセミナーなどの参加がベター。

セミナーは様々な分野で執り行われており、そこに集う人達は自分と同じ分野に興味をもつコミュニティです。そこでリアルな情報を得て、人脈も作る事が可能になります。

勉強会への参加

個人が主催している勉強会から、イベント系の勉強会など、インターネットで募集している勉強会に参加します。

これもまたフォーカスされた情報を得る事が出来る情報収集の方法の一つ。

朝活、夜活への参加

朝や夜など、特定のコミュニティが朝活、夜活などの座談会を行っています。同業者や同じ志を持つ人たちとコミュニティを形成する事が可能となります。

 

SNSやインターネットだけの情報に偏り過ぎないことが大切です。

ビジネスパーソンとして、より深い情報を収集するためにはリアルなコミュニティに所属することはとても良いこと。

会社帰りや、休日などのスキマ時間を有効に活用すべく、興味のある分野のコミュニティに是非とも所属してみましょう。