七ヶ宿ダム・道の駅七ヶ宿

Photo Gallery
七ヶ宿ダム

七ヶ宿ダム

七ヶ宿ダム噴水

七ヶ宿ダム噴水

七ヶ宿ダム自然休養公園

七ヶ宿ダム自然休養公園

道の駅七ヶ宿

道の駅七ヶ宿

道の駅七ヶ宿

道の駅七ヶ宿

  • 七ヶ宿ダム
  • 七ヶ宿ダム噴水
  • 七ヶ宿ダム自然休養公園
  • 道の駅七ヶ宿
  • 道の駅七ヶ宿

七ヶ宿ダム・道の駅七ヶ宿

七ヶ宿ダム

一級河川・阿武隈川水系白石川に建設された七ヶ宿ダムは、国土交通省東北地方整備局が管理する国土交通省直轄のダムとなっています。ダムの規模は、堤高90.0mのロックフィルダムで、阿武隈川水系のダムでは摺上川ダム(福島県福島市)に次いで大きく、宮城県内で最も大きなダムとなってます。七ヶ宿ダムは、白石川及び阿武隈川下流の治水と宮城県中央部への利水を図る特定多目的ダムであり、釜房ダム(碁石川)などと共に仙台市を含む県民183万人の水がめとなっています。また、ダムによって形成された人造湖は七ヶ宿湖(しちかしゅくこ)と呼ばれ、2005年(平成17年)に七ヶ宿町の推薦を受けて財団法人ダム水源地環境整備センターが選定する「ダム湖百選」に選ばれています。

道の駅七ヶ宿

目前にはダム湖と自然休養公園が広がり、春には一面の桜、秋には山々の紅葉と、季節により様々な表情を道の駅より望むことができます。
道の駅内では、七ヶ宿自慢の特産品などを販売する売店、軽く一服したい際の軽食コーナー、豊富なメニューを取り揃えたレストランをお楽しみいただけます。また、県内の道路情報コーナーを併設したトイレもございます。

営業時間 午前9時~午後5時(7~8月は18:00まで)
定休日 年末年始(12月29日~1月3日)
INFORMATION
宮城県刈田郡七ヶ宿町字野沢倉山2-119 道の駅七ヶ宿
0224-37-2721
http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp
東北自動車道白石ICから七ヶ宿方面へ車で30分
あり 普通車:26台、大型車: 5台

水と歴史の館

Photo Gallery
水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

  • 水と歴史の館
  • 水と歴史の館
  • 水と歴史の館
  • 水と歴史の館
  • 水と歴史の館

水と歴史の館

水と歴史の館

現在は水源の町として生まれ変わった七ヶ宿の歴史を探る歴史民俗資料館で、先人が遺した文化遺跡をはじめ、にぎわった七ヶ宿街道の参勤交代の模様、ダムに沈んだ地区を描いた絵画・水やダムの役割学習するコーナーなどを展示しています。

歴史民族資料室

七ヶ宿の歴史を、代表的な三つの時代に分けて展示しています。先史時代として、集落跡としては県内で初めて全面発掘された小梁川遺跡の出土品を中心に、当時の暮らしをパネルなどで紹介。七ヶ宿街道の時代を紹介するコーナーでは、当時の滑津宿を通る参勤交代の模様を再現した模型を展示。人々の暮らしの展示では、近代以降の七ヶ宿の暮らしを、道具やパネルで紹介しています。

古山高麗雄の世界

七ヶ宿を「故郷の人がいる、私にとって格別の地」と言う古山高麗雄。北朝鮮に生まれ、父親の出身地七ヶ宿に特別な感情を抱いていたようです。1970年には、戦争の残酷さを静かに描いた「プレオー8の夜明け」で第63回芥川賞受賞。1993年「せみの追憶」で第21回川端康成文学賞を受賞。2000年には第48回菊池寛賞を受賞。数々の傑作と彼の生涯を紹介したブースがあります。

営業時間 4月~11月:午前9時30分~午後4時30分
12月~3月:午前10時~午後4時
入館料 一般310円(240円)高校生200円(160円)小・中学生100円(80円)
※( )内は20人以上の団体料金
定休日 休館日:毎週月曜日、祝日の翌日
年末年始(12月28日~1月3日)
INFORMATION
宮城県刈田郡七ヶ宿町字上野8-1 水と歴史の館
0224-37-2739
http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp
東北自動車道白石ICから七ヶ宿方面へ車で35分
あり

長老湖

Photo Gallery
長老湖

長老湖

長老湖

長老湖

長老湖

長老湖

  • 長老湖
  • 長老湖
  • 長老湖

長老湖

長老湖は南蔵王の名峰不忘山の麓にある湖で、湖面に山の姿を写すことでも知られる一周およそ2kmの神秘的で美しい湖です。辺りは一面につづくブナの林と深い峡谷を刻む横川の清流に彩られています。新緑の初夏から紅葉の秋までが特に美しく季節ごとに咲き乱れる花も楽しめます。オンシーズンには、売店や貸しボートも営業しており、澄んだ湖水の中に魚の姿が見られることもあります。周囲の散策には、長老湖の周りを一周するコースと横川渓谷へ向かう遊歩道が整備されています。

長老湖は、地殻変動によって湖ができたと考えられており、以前は長老沼と呼ばれていました。湖の畔にある横川発電所(昭和3年稼働)の貯水池として沼を拡張して以降は長老湖と呼ばれています。

INFORMATION
宮城県刈田郡七ヶ宿町字長老地内 七ヶ宿町産業振興課
TEL 0224-37-2177
http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp
東北自動車道白石ICから七ヶ宿方面へ車で40分
あり

滑津大滝

Photo Gallery
滑津大滝

滑津大滝

滑津大滝

滑津大滝

滑津大滝

滑津大滝

旬の市七ヶ宿

旬の市七ヶ宿

源流米カレー

源流米カレー

  • 滑津大滝
  • 滑津大滝
  • 滑津大滝
  • 旬の市七ヶ宿
  • 源流米カレー

滑津大滝

滑津大滝

高さは10m、幅30mの豪快な滝で川幅いっぱいに豪快に流れ落ちる水量の豊かな滑津大滝は、「二階滝」とも呼ばれ独特の形で見る人を圧倒します。散策道から眺める滝の轟々という水音と、まるで生き物のような水しぶきは迫力があります。大滝までは、国道そばの駐車場から歩道が整備されており、急峻な階段を降りると、上流に滑津大滝と広い滑床(岩石の河原)で、古くは男滝・女滝と呼ばれていました。滑津大滝の名前の由来ともなった滑床は、広さが100㎡の凝灰岩でできており、そこに渦巻状にしぶきをあげて落ち込む姿は大変豪快であります。

旬の市七ヶ宿

地元農家の人々が作った野菜、果物などの特産品や民芸品を販売しています。また、館内の食堂では、地元素材を生かした源流米カレーやボリューム満点の旬の市定食が味わえます。

INFORMATION
宮城県刈田郡七ヶ宿町字滑津地内 七ヶ宿町産業振興課
TEL 0224-37-2177
http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp
東北自動車道白石ICから七ヶ宿方面へ車で40分
あり

安藤家本陣

Photo Gallery
安藤家本陣

安藤家本陣

安藤家本陣

安藤家本陣

安藤家本陣

安藤家本陣

安藤家本陣

安藤家本陣

安藤家本陣

安藤家本陣

  • 安藤家本陣
  • 安藤家本陣
  • 安藤家本陣
  • 安藤家本陣
  • 安藤家本陣

安藤家本陣

滑津大滝へ降りる道のほど近くに建つ安藤家本陣は、江戸時代後期、参勤交代で使われた大名宿で、街道に面して切妻破風(きりつまはふ)に懸魚をつけた玄関があり、大名が家来を謁見(えつけん)する上段の間、寝所を守る殿居の間などがそのまま残っています。屋根は茅葺、その棟上に置かれたくらかけは、この辺の特徴で、歴史的風俗を漂わせています。安藤家は天保期以降に滑津の肝煎検断・本陣を勤めました。

INFORMATION
宮城県刈田郡七ヶ宿町字滑津地内 七ヶ宿町産業振興課
TEL 0224-37-2177
http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp/
東北自動車道白石ICから七ヶ宿方面へ車で40分
なし

振袖地蔵

Photo Gallery
振袖地蔵

振袖地蔵

振袖地蔵

振袖地蔵

振袖地蔵

振袖地蔵

  • 振袖地蔵
  • 振袖地蔵
  • 振袖地蔵

振袖地蔵

滑津の西の入口に、東を向いて立っている高さ2mほどの地蔵があります。この地蔵は、娘が着るような振袖を着ており、いつの頃からか振袖地蔵と呼ばれるようになりました。言い伝えによれば、その昔、秋田藩の殿様が参勤交代で江戸へ向かう途中、滑津の付近で美しい娘を見初めたといわれております。殿様はその後も長く娘を忘れることができず、一年間の江戸の住まいを終えると、殿様は帰国のために再びこの街道を通り、家来に命じて娘を探させました。しかし、娘はすでに病死しており、殿様は深く悲しみ、供養のために娘に似せて振袖姿の地蔵を作ったといわれております。この娘の名前はおつぎといい、子孫だという人が、今も滑津宿に住んでいます。関宿の西のはずれには、西向きにあぐらをかいた地蔵があり、東を向いて立った振袖地蔵はこの地蔵と恋仲といわれいます。

INFORMATION
宮城県刈田郡七ヶ宿町字滑津地内 七ヶ宿町産業振興課
TEL 0224-37-2177
http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp/
東北自動車道白石ICから七ヶ宿方面へ車で40分
なし

水芭蕉群生地

Photo Gallery
水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

  • 水芭蕉群生地
  • 水芭蕉群生地
  • 水芭蕉群生地
  • 水芭蕉群生地
  • 水芭蕉群生地

水芭蕉群生地

山形県との県境に位置する玉の木原水芭蕉群生地は、国道113号線沿いにあり、3.5ヘクタールの面積に10万株の水芭蕉群が見られます。水芭蕉は、中部以北の山間の湿地帯に生える植物で、春になると20~30センチメートルの白い花を咲かせます。4月中旬から5月上旬にかけて、美しい花を咲かせ春の訪れを知らせてくれます。

INFORMATION
宮城県刈田郡七ヶ宿町字蟹川地内 七ヶ宿町産業振興課
TEL 0224-37-2177
http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp
東北自動車道白石ICから七ヶ宿方面へ車で50分
あり